柄つきストッキング?いいえ実は私のすねのムダ毛でした

最近は写真をLINEにアップしたりすることで、あっという間にあちこちに広がってしまう生活に慣れていたつもりだったのですが、友達から私が写っているという写真を見せられて愕然としました。

それはみんなで撮った集合写真で、私は初めて見る写真だったのですが、写真に写った自分の足もとを見て、これはナンなの!と、かなり大きなショックを受けました。前列に写った私の膝から下の部分がまるで柄つきのストッキングをはいているように見えたんです。なんとこれは私の足のすね毛がうっすらとストッキングから透けて見える状態がそんな風に柄つきのストッキングのように見えたものでした。足のすね毛が濃いことはずっと気になっていたのですが、こんな風に他の人と一緒に写真に写ったことで、より強調されて目だって見えてしまったというものです。
この写真があちこちにばら撒かれてしまったのかと思うと、なんだかものすごく恥ずかしく、この写真をとった人を逆恨みしてしまったほどでした。

あまりの事に親しい友人にこっそり打ち明けてどう見えるかを聞いてみたところ、自分で思うほど他人は気にしていないようなのですが、この写真を撮られたことで自分のすねのムダ毛が他人の目からはこんな風に見えるのだということがよくわかって、脱毛する決心が付きました。これまでもかみそりで剃ったりして自分で処理したことはあったのですが、肌が弱いのか剃ったあとがひりひりとしてきたり、赤くなったりしていたのでしばらく何もしない状態だったのです。でも、よく見ると肌の表面に生えてきていない毛もあったりして、これがいわゆる埋もれ毛といわれる状態なのだと思うのですが、そこに黒く太い毛も生えている状態だったので、見た目には本当に汚い脚になってしまっていました。

友人が通っているという脱毛サロンがよさそうなので、さっそく私もカウンセリングを受けに行ってみたところ、やはり自分で処理しているうちにムダ毛の一部が埋もれ毛になっていて、きちんと脱毛の施術を受けることを勧められました。脱毛サロンに通うのははじめてだったのですが、とりあえず気になる足のムダ毛を脱毛してもらってから腕やワキも同時に進めてゆこうと思っています。もう柄つきストッキングみたいに見える脚のムダ毛で悩むのはいやです。
muda1

またちょっと脱毛に病気や、家庭の事情などで通えない人やめんどくさい人には自宅脱毛も全然可能な時代です!

実際に自宅で脱毛してる人のリアルな経験談まとめブログ

 

まさかヒゲジョ!?女性なのにヒゲが濃い時の対処法

ヒゲなんて、男性のもので女性には関係ないものでしょ!と思う方も多いでしょうが
最近は女性の社会進出に比例して、ヒゲが生えている女性も増えている事はご存知でしょうか。

いわゆる女性の「オス化」が、目に見えるヒゲという形でも出てくる様になってしまっているのです。

男性ならジョリジョリ剃って、青黒くヒゲの剃り残しがあっても「あぁ、忙しいのか」
「すぐ伸びるタイプなんですね」と済ませてもらえるのですが、これが女性のヒゲとなりますと
「え・・・女性なのに、なんでヒゲ・・・??」「お手入れはきちんとした方がいいんじゃない?」
「女を捨てているね」「ヒゲって(笑)」という厳しい指摘に大変身してしまいます。

ヒゲ=男性!というイメージが世間一般にありますので、これもある意味仕方がない事です。
女性にもヒゲが生える原因は、ズバリ男性ホルモンのせいです。
男性ホルモンは体毛を濃くしてしまう力があります。

女性は女性ホルモン、男性は男性ホルモンのみと思われがちですが、実は女性も男性も異性のホルモンを
分泌する生き物なのです。基本は自分の性のホルモンが多く分泌される事で、いわゆる女性らしい、
男性らしい体つきになるのですが、女性にも一定数男性ホルモンが多く分泌される方がいます。
そういう方は、他の女性よりヒゲや体毛が濃くなってしまいやすいのです。

ホルモンの値は目に見える訳ではありませんので、どう対処したら良いか分かりにくいです。
なので、こまめにヒゲを処理するしかない!という事で、カミソリやシェーバー、毛抜きを使って
毎朝処理している女性もいらっしゃるでしょう。

ただ、この処理を続けると、次第に毛穴が開いたり、メラミン色素が吸着して処理をした部分が
黒ずんできたり、度重なる処理の負担で肌が負けてしまったりして、ヒゲがないけれどなんだか
くすんでヒゲがある様に見える顏になってしまうことも!
薄いヒゲでも、ファンデーションが浮いてしまったりして、その存在は女性の敵です。
どうしても処理しなければいけない場合は、脱毛専門エステに行くか、フェイス用の産毛シェーバーで
優しく処理をする様にして下さい。間違っても身体用の脱毛クリーム等は使わない様にしましょう!
顏の肌が荒れて、ヒゲ以上に酷い事になってしまいます。
muda2
ヒゲ処理には限界がありますので、やはり原因である男性ホルモンを抑制し、女性ホルモンの分泌を
助ける生活習慣を続けていくのが長期的に考えると一番効果的と言えます。

女性の社会進出が原因でヒゲジョが増えたのは、やはりストレスが原因です。
ストレスが原因で女性ホルモンが減り、男性ホルモンが増えたせいで女性の体に異変が起きています。

ストレスはマメに解消し、食事も沢山の種類のお野菜を使った体に優しい和食にしましょう。
夜更かしや居酒屋のハシゴを辞めて、女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンを
定期的に摂取しましょう。イソフラボンは、皮脂の分泌を抑えたり、女性らしいスタイル形成の
手助けをしてくれるだけでなく、美肌効果ももたらしてくれます。
料理をしない人でも手軽に摂取するなら、豆乳がおすすめです。
多少味にクセはありますが、今では色んなフレーバーの物があります。

生活習慣を見直し、食材のチカラも借りて女性らしい身体を取り戻しましょう。