もぐら叩きのような体毛処理

昔からあまり体毛は濃くないタイプだと思っていましたが、見えないところにありました体毛が。

小学生の時プールでの友人からの指摘から、えっ?マジで?と焦った記憶は30年経った今でも昨日のように覚えています。
その指摘とは、うっすらとフサフサとある背中毛です。指摘はしてもらったものの、すぐに確認がとれずに、早く確認したいとプールの授業なんてうわのそら。溺れそうになるくらいショックでした。

自宅に帰り、母に背中を見せて相談するも、母は大したことないやんと。家族には甘いのか、娘に気を使ったのかわかりませんが、結局自分で合わせ鏡を使ってメガネまでかけて確認しました。
ガーン!やっぱりあるではないですか!どうにかしなければと、まず脱毛・脱色・剃毛どれにしようかと近くの薬局に走りました。
母にもどれがいいか聞くと、剃っちゃえばと。そこからです生えては剃るの繰り返しの処理が始まりました。
初めは、母にカミソリで水着で見えるところまで剃ってもらい、すると恐れていたカミソリ負けになり。次のプールの授業は、背中のコンディションが悪く見学しました。

カミソリ負けも落ち着きましたが、すぐ生えてくる背中毛。冬場はわりかし放置していてもいいのですが、夏場は大変です。本当にもぐら叩きのように、背中を触り感触があると電気シェーバーに鏡を持って処理をする生活。もう随分慣れましたが、お年頃で男女で海に行った時も、苦労はありました。
とにかく後ろに人の気配を感じると、サッと向きを変え、ビーチでは肩にタオルは必需品でオイルなどはおひとりさまでで頑張りました。

あれから20年。結婚もして子供も生まれると、さほど気にならなくなった背中毛。幸い濃くならずに済んでいるのがありがたいものです。
しかし、最近体毛の新人が現われました。たまに鼻の下に顔を出すヒゲ子さんです。なぜか太いくて濃い立派なヒゲ子さん。当然見逃すわけにはいかないので、毛抜きで1本抜きました。結構痛いのですが、これで処理終了と思ってたのに、すぐにまたヒゲ子さんがやってきました。しぶといので、先日脱毛器を購入しました。やっぱり顔はいくつになっても困ります。隠せないですから。脱毛器のおかげで少しご無沙汰になるヒゲ子さんでした。
muda7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です